白いご飯に合うおすすめ郷土料理~青森編~

aomori_kyoudo_img

仕事が忙しく、コンビニ食や外食が続くと、無償に「ふるさとの味」が恋しくなったりしませんか?都内では専門店に行かないと、なかなか食べることのできない、懐かしの郷土料理。
今回は、りんごで有名な『青森県』の、白いご飯によく合う美味しい郷土料理をいくつかご紹介します!

===================================================

貝焼き味噌

aomori_sub07
大ぶりの帆立の貝殻に水を入れ火にかけ、煮干しなどでだしをとり、味噌と溶き卵を加え半熟のうちに火からおろします。お好みで刻んだネギや豆腐、生うに、岩のりなどを煮ても美味しいです。津軽では、お産で乳の出が良くなるとか、風邪に効くといわれ、よく作られます。地元では多くの家庭の台所に、茶色に染まった大きな帆立の貝殻がいくつかあり、色々なものを煮るのに使われています。

けの汁

aomori_sub02
大根・人参・ごぼうなどの根菜類、ふき・わらび・ぜんまいなどの山菜類、油揚げ・豆腐・高野豆腐などの大豆食品を5mm角程度に切り、だしを入れ煮込み、味噌で味付けした素朴な料理です。お好みで大豆を粗くたたいたものを入れると味にまとまりができ、食感も楽しめます。小正月(1月16日)の朝、仏様に「けの汁」を供える風習があります。「け」とは粥汁の事をいい、粥の湯にくたくたになるまで煮込むところからこの名前がつけられたようです。

子和え

aomori_sub06
千切りにした人参、糸こんにゃく、高野豆腐、ねぎに下味をつけて煮込んだものに、真鱈の子を和えた料理です。タラは正月には欠かせない魚で、昭和20年頃まではエラに縄を通して雪道を引きずって帰るのが暮れの風物詩だったそうです。正月、冠婚葬祭や会食時のおめでたい席などでふるまわれています。

じゃっぱ汁

aomori_sub05
魚や鱈のあらや内臓を豆腐・大根・ネギなどと一緒に煮込み、味噌で味付けした、青森の冬になくてはならない郷土料理です。「じゃっぱ」とは、津軽弁で「残り物・いらないもの」を意味し、名前の通り魚や鱈のえらや中骨、内臓、頭などの普通は捨てられる部分を使いますが、栄養価が高く、心身共に温まることから、地元の家庭でも定番の人気料理です。

ほっけのすし

aomori_sub03
ほっけを三枚におろし、カラカラになるまで乾かし、塩、酢、酒、砂糖、もち米、人参、しょうが、赤とうがらしを入れ重石をして涼しい場所で保管し6ヶ月後が食べ頃です。かなりの手間と時間がかかりますが、酒の肴にはもってこいの料理です。海から遠い津軽内陸部で食べられてきた保存食で、春に漬けておき、冬期間に食べられています。

ミズの一本漬け

aomori_sub04
ミズの茎を30cm程度に切り、塩の入った熱湯でくぐらせ、だし昆布、塩を入れ一晩以上寝かせておけば出来上がりです。シャリシャリとした歯ごたえとヌメリ感が魅力的です。
===================================================

食材を揃えるのは大変ですが、たまには懐かしの郷土料理を自宅で作って、家族みんなで、ほっこりした気持ちになってみませんか?
また、食べてみたいけど料理が苦手!!という方は、お店で食べることもできます。

なか村(大井町)

aomori_sub08
URL http://aomorinakamura.web.fc2.com/
住所東京都品川区東大井6-5-6
電話03-3450-2498


MORIMORI(六本木)

aomori_sub09

URL http://tabelog.com/tokyo/A1307/A130702/13032082/
住所東京都港区六本木5-9-14 第7ヴィレッヂビル1F
電話03-3403-0887


青森県郷土料理 居酒屋 跳人(神田)

aomori_sub01

URL http://tabelog.com/tokyo/A1310/A131002/13046836/
住所東京都千代田区鍛冶町2-2-9 第2登栄ビルB1F
電話03-5294-7455


今回は青森県の郷土料理をご紹介しましたが、みなさん地元の郷土料理をたまには食べてみてはいかがでしょうか。ほっこり安心する懐かしい味で、気持ちも和むこと間違いなしです。


 RSSリーダーで購読する

 ,,,,

▼関連記事