桃の節句“ひなまつり”に縁起の良い食べ物

sekku_img

あかりをつけましょ ぼんぼりに~♪♪
おはなをあげましょ もものはな~♪♪

3月3日は桃の節句、“ひなまつり”ですね。
“ひなまつり”は「女の子の健やかな成長を祈る」ための行事で、縁起の良い意味が込められた食べ物をいただく習慣があります。

そこで今回は“ひなまつり”に食べられる縁起のよい食べ物をご紹介します。

◆蛤のお吸い物
はまぐりは、平安時代には「貝合わせ」遊びなどで知られ、ひな祭りの代表的な食べ物です。はまぐりの貝殻は、対になっている貝殻でなければぴったりと合わないことから、一生一人の人と添い遂げるようにという願いが込められた縁起物です。

◆ちらし寿司
ちらし寿司そのものにいわれはありませんが、海老(長生き)、れんこん(見通しがきく)、豆(健康でまめに働ける)などの縁起のいい具材が祝いの席にふさわしく、三つ葉、卵、人参などの華やかな彩りが食卓に春を呼んでくれるため、ひな祭りの定番メニューとなったといわれています。

◆白酒
もともとは桃の花びらを漬けた「桃花酒」というものが飲まれていたといわれています。桃は邪気を祓い、気力や体力の充実をもたらすということで、薬酒のひとつとして中国から伝えられました。江戸時代からは、みりんに蒸した米や麹を混ぜて1カ月ほど熟成させた「白酒」の方が親しまれるようになりましたが、アルコール度数10%前後のお酒で大人しか飲めないため、子どもにはノンアルコールの「甘酒」がおすすめです。

◆菱餅
緑、白、ピンクの3色の餅を菱形に切って重ねたものを飾ります。色の意味には諸説ありますが、緑は「健康や長寿」、白は「清浄」、ピンクは「魔除け」を意味すると言われています。
また、菱形は「心臓」を表しているといわれ、災厄を除こうという気持ちや、親が娘の健康を願う気持ちが込められています。

◆ひなあられ
餅に砂糖を絡めて炒った、ひな祭りの節句の代表的な和菓子のひとつです。ピンク、緑、黄、白の4色でそれぞれ四季を表していると言われています。でんぷんが多く健康に良いことから「1年中娘が幸せに過ごせるように」という願いが込められています。


いかがでしたか?
家族みんなでひな人形をかざり、おめかしをした愛娘の節句をお祝いしましょう!


おすすめリンク♪
迫力がすごい!ひな祭りイベントまとめ【関東編】
飲む点滴“甘酒”で寒い冬を乗り切ろう!


 RSSリーダーで購読する

 ,,,

▼関連記事