効果的な風邪の予防対策まとめ 手洗い・うがい・マスク

virus_img_min

今年も寒い季節がやってきましたね。
冬の訪れとともに猛威を奮うのが、風邪などのウイルス感染症です。
では、何故冬にウイルス感染症が流行るのでしょうか?

ウイルスが猛威をふるうには、冬場の“乾燥”が影響しており、次の2つが主な理由のようです。

1.ウイルスを含んだ唾液や痰が飛散しやすい。
→ウイルス感染症の多くは空気感染や飛沫感染によるものです。
空気が乾燥すると、ウイルスを含んだ痰や唾液がどんどん細かく軽くなることで、遠くまで飛散しやすくなります。また、ウイルスは湿気で床に落ちる効果があるため、乾燥すると空気中に漂う時間が長くなります。

2.ウイルスが喉の粘膜から侵入しやすくなる
→喉の粘膜には粘液という水分の層がありますが、乾燥によって、粘液が減少してしまいます。粘液には様々な病原体を排除する力があるため、これが減ることで感染しやすくなります。

そこで今回はこの冬を健康に過ごすために、効果的な風邪予防対策をご紹介します。

=======================================

食べ物

ウィルスに対する抵抗力・免疫力を高めるためには、ビタミンやミネラルを十分にとりバランスのよい食事が必要です。
・たんぱく質で基礎体力をつけ抵抗を高める:肉類、魚介類、卵、大豆製品、乳製品など
・ビタミンCで免疫力を高める:イチゴ、オレンジ、キウイフルーツ、ブロッコリー、ほうれん草など

運動と呼吸法

適度な有酸素運動を行うことで、血行がよくなり、白血球の動きも活性化し風邪への抵抗力が強くなります。
できるだけ口で息をせずに鼻で呼吸するようにしましょう。鼻で呼吸する習慣が身についていないと風邪をひきやすくなるそうです。

室内換気と適度な湿度

冬場の閉め切りにした室内の空気は外気の比べ、かなり汚れています。
1日に数回は換気を良くし、室内の空気を入れ替えましょう。
更にエアコンや暖房によって室内の空気が乾燥するため、加湿器などを利用し細菌の繁殖を防ぎましょう。

外出時と帰宅時

極力人ごみは避け、出来ればマスクを装着しましょう。
帰宅したら、まずは手洗い、うがいは必ず行い、汚れた手のまま口や鼻を触らないようにしましょう。
手指が触れる箇所の清掃、消毒も効果的です。

睡眠時

ガーゼ製のマスクを水で濡らした“濡れマスク”が効果的です。
寝ている時、のどが乾燥しがちになり、ウイルスが体内に侵入しやすくなっています。潤っていると、ウイルスは体内に付着できずに流されるのです。
粘膜の乾燥を防ぐだけで免疫力は三倍になるという説もあるそうです。
就寝中にのどを潤す効果は、加湿器よりもぬれマスクの方が高いようです。
=======================================

仕事も遊びも身体が資本です。
毎日の生活を見直し、風邪の予防を心掛けましょう。


 RSSリーダーで購読する

 ,,

▼関連記事