おみくじをひいた後どうすればいいの?調べてみました。

img_h_141212-min

おみくじをひいた後、みなさんどうしてますか?
持って帰るのがいいのか、木に結ぶのがいいのか、悩むところですよね。

正しい作法をよくわかっていなかったので調べてみました。



おみくじは『神様からの指導』

img_omikuji_1-min
基本的には吉凶にかかわらず持ち帰り、何度も読み返して日常生活の戒めとすることがいいみたいです。
お財布などにいれて、都度目を通し良い方向に努力するための材料にして生活することが大切!ということですね。



木の枝に結んでもいいの?

img_omikuji_3-min
おみくじを木の枝に結ぶ習慣は植物の生命力にあやかりたいという祈りが込められているそうです。ということで吉凶問わず、おみくじの内容をしっかりと心にとめたうえで、木の枝に結ぶことが大切らしいです。
但し、神社によってお作法が異なることもあるようなので、確認したうえで対応したいところです。



昔ひいたおみくじ…どうすればいいの?

img_omikuji_2-min
昔ひいたおみくじ…どうすればいいかに困りますよね。
そんなときは神社に持っていき「お焚き上げください」とお願いすると引き取ってもらえるそうです。違う神社でひいたおみくじでもお焚き上げしてもらえるそうです。

※お焚き上げ(おたきあげ)…役目を終えたお札やお守り、使わなくなった神具を神社に返納し浄化し燃やすこと



これまで、おみくじをなんとなくひいて、なんとなく持ち帰ったり、なんとなく木に結んだりしていましたが、これからはおみくじと正しく向き合うことができそうです。

これで、明るい未来が築くことができる?!かもしれません。


 RSSリーダーで購読する

 ,,

▼関連記事