低燃費運転方法をまとめました!

1

最近ガソリンの店頭価格が一段と上昇しました。
高値になったことでガソリン代を節約したいところです。
そこで本日は高値に負けないよう低燃費運転の方法をご紹介したいと思います。


発進はゆっくりスタート

発進する際は軽く踏み込み、速度の上がり具合を確認しながら少しずつ加速していくとよい。
回転数を抑えながら5秒で20kmに達するのが目安です。

減速・停止時は早めにブレーキ

急ブレーキを避け早めにアクセルを戻し、エンジンブレーキを使いながら減速するとよい。
エンジンブレーキを利用した減速は使用燃料が0になるので燃費の向上に繋がります。

一定の速度で走行

通常の流れに沿ってAT車MT車もアクセルをなるべく一定に保つようにします。
一定の速度で走る時に必要なエネルギーは小さなもので低燃費です。

燃料(ガソリン)を満タンにしない

燃料を満タンにすることによって車は重くなり燃費が悪くなります。
最小限に抑えて走行するとよい。

アイドリングを控える

車から離れるとき、荷物の積み下ろし時などちょっとの時間でもエンジンをOFFにする。
仮に5分間アイドリングを続けたとするとガソリンを65ml浪費し、CO2は151g発生します。

エアコンの節約

車のエアコンは燃料をたくさん使います。春や秋はできるだけOFF。
エアコンをつける場合は内気循環で風量調節はAUTOにするとよい。

すっきりしたボディで出発

車のトランクには不要な荷物は降ろして車をすっきりにしてから出発するとよい。
10kgの荷物を降ろして50km走るとガソリンは15ml節約でき、CO2も35g削減できる。

[行き先を確認、計画的に走行

ゆとりのある運転を心掛けましょう。
道に迷って10分ロスすると約350mlの燃料を浪費するというデータがあります。

[ガソリンの給油は朝に入れる!節約術

液体のガソリンは温度が高くなると膨張します。
気温の低い朝にガソリンを入れれば、同じ体積でも昼より分量(重さ)が多くなります。



スリップストリーム!

高速道路でトラックの後ろを走ります。
早い速度で走っているトラックのすぐ後ろを走れば空気抵抗が軽減され加速するといった結果をもたらします。
2

※スリップストリームは交通違反となるため公道ではやらないようにお願い致します。


今日から安全運転で低燃費運転をしてみてはいかがでしょうか。

[出典]
低燃費運転走法でガソリン代の節約:http://www.cashing-information.com/set/nenpi.html


 RSSリーダーで購読する

 ,,

▼関連記事