日本酒をもっと身近に!【日本酒復興計画Part1】

日本の国酒、日本酒

日本酒って国酒って知ってましたか?!

日本人として知っておかなければならないこと。
それは日本の歴史と文化。
近年、日本酒離れにより生産量は落ち、蔵元が毎年数十と減少。

このままでは国酒である日本酒が日本からなくなってしまう・・・!

年々グローバル化が進んでいる今だからこそ
改めて日本に視野を向け直すべき。

そう話すのは現在スパークリング日本酒の新ラベルを開発中の内野未来さん。
今回は日本人として知っておくべき事の1つ、日本酒について紹介します。


内野未来

氏名:内野 未来
経歴:日本酒のイメージを変え日本酒の素晴らしさをもっと世の中に浸透させていきたいと立ち上がった。女性をターゲットとした日本酒の大規模イベント開催に向けて準備中。同時に「スパークリング赤城山」のラベルデザインも手掛けている。元々栄養士として活動しており現在は並行してフリーで蔵元の営業代行を行っている。


日本酒をより多くの方に親しんでもらうため日本酒やスパークリング日本酒を楽しむイベントが今年7月、東京のホテル(仮)で開催される。ターゲットは20~30代の働く女性。普段日本酒は飲まないが興味がある人もぜひ来て欲しいとの事。100人規模で有名蔵元も複数集結することから大々的な新スタイルのイベントとなり注目を浴びること間違いなし。

開催日時 平成27年7月25日(土) or 26日(日)
場所 式場 or 結婚式2次会スペース
参加者 100名女子+関係者
チケット 事前ネット購入
※詳細は確定次第UP予定(2015年1月5日現在)

会場イメージ図
※イメージ図(実際の会場と異なる場合がございますのでご了承下さい。)
出典:富山第一ホテル


日本酒への思い

日本酒は古臭い、おじさんが飲むもの、悪酔いする、と言ったイメージが強いですが某イベントの品評会でスタッフとして働いた際、元々日本酒が好きだった内野さんは「なぜこんなおいしいものが売れないのか」と疑問を感じた。

日本酒


プロジェクトの発端

「日本酒を同年代に飲んでほしい!」「日本の国酒をもっと盛り上げたい!」おしゃれで心惹かれるスパークリングの日本酒であれば同年代の女性にも飲んでもらえるのでは、と考えていくうちに今回のプロジェクトに行きついた。

スパークリング日本酒


日本酒から学ぶ

内野さん曰く、ビジネスマンの外国人と接する機会が多くなっている中、日本酒の知識は絶対知っておくべきとの事。「外国人はすごく日本に興味があります。その時、国酒である日本酒の知識などを話すだけで信頼を得られる事もあるんです。お酒を飲まない方でも日本人であれば知って損はありません。」


確かに納得ですね。日本人にも関わらず聞かれて答えられないのはまずいのかもしれません。
知っているのと知らないのとでは全然違うんですね。

日本酒を学び意味


日本酒の効果

どんなメリットがあるのか、栄養士の観点からも踏まえて教えて頂きました。
「日本酒は他のお酒に比べて度数が高いため、体内に入ると血管が拡張し体がポカポカします。なので冷え性の方におすすめです。また、冬に冷たいお酒を飲むと腎臓や肝臓に負担がかかりますが日本酒は度数が高くガンガン飲めないので体への負担も少ないと考えられるのです。原料がお米なので日本人にも馴染みやすいですし美容にも効果がありますよ。」と、内野さん。

日本酒の効果


スパークリング日本酒

カクテルを普段飲んでいる方や割って飲んでいる方はぜひスパークリング日本酒を飲んでみてほしい。内野さんが現在ラベルデザインを手掛けている「スパークリング赤城山」はさっぱりしていて飲み飽きないのが特徴。

スパークリング赤城山


おすすめの飲み方

・スパークリング日本酒+フルーツ
見た目もおしゃれでまるでサングリアのよう。
・スパークリング日本酒+オレンジジュース
ジュースで割ってカクテル感覚で。

おすすめの飲み方


日本酒でほろ酔い

本当においしい純粋なお酒であれば悪酔いせずおいしく飲める日本酒。水と交互に飲むことで悪酔いはせずゆっくりゆっくり酔う事が出来るそう。

dbb967c8e7ddef33cb6d673c049d1c19_m-min


今後のイベント

2015年1月17日(土)
「1日仕込み体験in近藤酒造」プレスリリース

2015年7月25日(土) or 26日(日)
「SHU for ladies」蔵元イベント試飲会inホテル


ワクワクドキドキしながら日本酒を学べて上質で
キラキラした、女性が来やすい空間にします!

日本酒試飲会イベント


参加方法

事前ネット購入
※facebookページ作成中です。
出来上がり次第アップします。


スパークリング日本酒イベントに携わる方々

“働く女性が蔵元を救う”
働く女性のコミュニティ団体「Platinum」が団体で何かやりたいと思っているタイミングで内野さんと出逢い、“日本のことをもっと知る事が大切”という意思が一致し価値観の合うタッグが組まれた。その後、横の繋がりでその輪は広がり無料にも関わらず有志で動いてくれるメンバーが集まった。それぞれの専門知識を最大限に発揮して動いているという。



ヤミーから皆様へ

毎年減っていく日本酒の蔵元を救うために1人で発信し、ついにその想いが少しずつ形になってきた今、古いイメージのある日本酒やイベントを心機一転新しい形でその概念を取り払おうとする内野さんは話している間とてもキラキラしていました。歴史ある日本の、歴史あるお酒。日本酒を最近のトレンドと化したスパークリングと掛け合わせ古いイメージから新しいイメージへ若者に浸透していければと思います。



お問い合わせ

担当:内野 未来(ウチノ ミキ)
連絡先:miki.uchino.619@gmail.com
イベント情報:facebook(作成中)

7月のイベントを成功させるため、1月17日に行われるプレスリリースにお越し頂ける記者様、7月のイベントでサポートして頂ける方・企業様をクラウドファンディングで募ります。共感頂ける方、ご協力をお願い致します。

内野未来


 RSSリーダーで購読する

 ,,,

▼関連記事