24時間グリーンチャリティリレーマラソンinゆめのしま 体験談

img_h_kkk_2

6月21日(土)~22日(日)の2日間にかけて
第13回 24時間グリーンチャリティリレーマラソンに参加してきました~!

場所は東京メトロ有楽町線・りんかい線「新木場駅」から徒歩10分にある「夢の島競技場」。この度、御縁があってとある団体様にお声掛けを頂き一緒に参加する事になりました!
今回はこのイベントについて実体験をもとに魅力をご紹介します!

天候はあいにくの曇り。
DSC00402

入口
DSC00403

昔陸上部だったこともあって走るのは大好き!ただ現役より+10kgのお肉を背負っているのとブランクが心配・・・。でもそんな心配がいらないイベントなんです!

24時間グリーンチャリティリレーマラソンとは

「24時間」「12時間」「6時間」「4時間」から選択し、1周1.3kmのコースを時間内にひたすらチームでタスキを繋ぐ新しいランニングイベント。

特徴
・距離やスピードを競うマラソンとは違いゲーム感覚で楽しみながら走れる!
・チームごとにテントや寝袋を借りてアウトドアな生活が楽しめる!
・個人の部もあるのでフルマラソン、ハーフマラソン、限界に挑戦したいランナーにおすすめ!

また、タイトルにもある「グリーンチャリティ」とはランナーに気持ち良く走ってもらうため東京都を緑でいっぱいにすることを心がけているそうです。
東京都都市緑化基金に走行距離×1円が募金されます。

コースは下記図参照。
marathon


このイベント最大の目的は「なにがなんでもタスキを繋ぎ走りきる事!」
要するに、スピードでも持久力でもなくチーム一丸となった耐久勝負!
各チーム指定場所にテントを張り、スタンバイ。

DSC00413

6月21日(土)13:00スタート!

DSC00419

本格的なマラソンランナーや駅伝チーム、ギネスに挑戦する方や、コスプレで走るチーム、会社の人や友達と趣味など目的は様々。

DSC00417

魅力その1:コスプレランナーがたくさんいる

カラフルなおじさんとラプンツェル??
男女間違えてトイレに入りそうになったとき「こっちだよ」と教えてくれたのがこのおじさま
DSC00435

カエルくん(兄)
なぜか(弟)は発見出来なかった
DSC00427

頭だけ大仏君
顔だけサウナで痩せそう
DSC00440

天使ちゃん
応援すると絶対手振ってくれるしカメラ構えるとポーズしてくれる
DSC00442

ティンカーベル
DSC00466

サラリーマン
ずっと片手にカバンぶらさげながら走ってた
DSC00599

新・カエルくん
DSC00549

ミニーちゃん
DSC00545

黒猫と・・・???
めちゃくちゃ楽しそうに走ってた
DSC00551

ガチャピン
ムックはもういないんだとか・・・。周りのガチャピンへの支持率半端なかった。
私もそのうちの1人。
DSC00582

他にもハイクオリティなコスプレランナーがたくさんいました。

始めはウォーミングアップ程度に1周。
走行距離(何周するか)は自分で決めてOK。1チーム5人~10ほどで5分/1kmで走るとだいたい35分~1時間前後で自分の番が回ってきます。
「まだ経過3時間」、「まだ6時間」・・・とスタートしてからは時間が経つのがものすごく遅い。。なのに21時を過ぎたあたりから時間が経つのが早い!


魅力その2:無料サービス

ハワイアンなお店は時間ごとにメニューが変わり、パンケーキやフルーツポンチ、さっぱりしたジュースなど無料で提供してくれます☆
また、コースの途中には水やバナナ、ミカン、チョコなど疲労回復に適したものを多数ご用意してくれています。

DSC00502

DSC00503

屋台やスポーツグッズも。

DSC00505

DSC00507

限られた時間ですが、競技場内のシャワールームが開放されるので汗を流す事が出来ますよー!ただ、またすぐ汗をかくのでほんの気持ち程度・・・。
でも、シャワー浴びただけで大分さっぱりします!絶対浴びる事をおすすめします!
女性の方!ドライヤーやシャンプーリンスなど備品はないのでご持参を!!

夜の競技場内はこんな感じ。

DSC00506

DSC00508

1日目のスタート時、曇りで33.4℃超えだったのに、夜はどしゃぶりの雨で一気に冷え込み。そんな中でもタスキを繋いでいきます。
夜は走行距離を延ばしゆっくりランニング。その間のわずかな時間で各自仮眠タイム。寝袋を借りられるので安心です。


魅力その3:生きている事に感謝

夜中に食べるカップ麺が・・・さいっこーーー!!カップ麺がいつもの3倍おいしく感じる!!この時すでに足の筋肉痛と疲労がピーク。同じチームの方がアミノ酸をくれたおかげで一時的に筋肉痛はおさまったものの、歩くことすら厳しい状況。
運動不足きたーーーーーーー!!!(T_T)
ひーひー言いながらも必死にコースを周り続け、気付けば夜明け。
今日イチきれいでした。生きるって素晴らしいですね。

DSC00520

さて!夜明けとともにみんな起き始めて、相変わらず走り続ける私たち。
24時間完走まで残り6時間を切ったあたりからゴールに向けてカウントダウンが始まる。

ラスト5時間・・・

ラスト4時間・・・

ラスト3時間・・・

とゴールに近づくたびに周りもそわそわ

残り2時間まできたところで、ふと思いました。

(あれ・・・?スピードが上がってる・・・?)

DSC00544

みんな!

DSC00553

みんなみんな!!

DSC00580

魅力その4:周りとの一体感

写真じゃ伝えきれないですが、ラストに近付くにつれて周りのスピードが格段に上がってる!!
22時間走り続けて、足の筋肉痛と疲労で体中が悲鳴を上げている中、周りの躍動感やチームの人の頑張りを見て衝動に駆られないわけない!
疲労のピークを超えてランナーズハーイ!!とは言っても楽しむイベントなので無理せず、自分のペースで走りきる事をおすすめします!

そして会場全体でラストカウントダウンが始まり

5「ごおっ!」…

4「よんっ!」…

3「さんっ!」…

2「にいっ!」…

1「いぃーちっ!」…

6月22日(日)13時ゴォオオオーーール!

この瞬間の達成感!!一体感!!全く見ず知らずの他人だった人にも愛着がわきます。
ハイタッチとかしちゃいます。

DSC00615

ウイニングラン気持ち良い~~~~~~~ヽ(^o^)丿

DSC00621

DSC00622

DSC00629

DSC00626

体力や精神的にきつくても気持ちと周りの支えがあればどうにかなるもんですね。


魅力その5:全身で感じるもろもろ

汗をかく事でストレス発散。有酸素運動をする事で脂肪燃焼。24時間走るだけで全身運動不足解消。チームで走りぬいた達成感。共に過ごした周りとの共感。睡眠時間を削っての精神的忍耐力。走り続けた結果じわじわくる体力的忍耐力。最終的な疲労感。

このマラソン、深イイです。

DSC00630


魅力その6:余韻が残る

全力で楽しんだ翌日、記憶と体に余韻が残ります。その次の日も、その次の日も・・・。
思い出は、プライスレス。

ぜひ皆様、参加しましょう。「絆」、深まります。

-完-


 RSSリーダーで購読する

 ,,,,

▼関連記事