甲子園出場選手が多い都道府県TOP3を調べてみた

koshien_img

今年も盛り上がっております、第95回全国高校野球選手権大会(夏の甲子園)。
夏の甲子園といえば、自身の出身地の代表校を応援するのが一般的だと思います。

夏の甲子園が開催されている間は地元愛と地元愛のぶつかり合いが職場、コンビニ、スーパー銭湯などいたるところで繰り広げられていることでしょう。

トーナメント戦なのでどの高校が強いのか?
というのは大会が終了するときに優勝というカタチで結果があらわれますが…

結局、どの都道府県が強いのか?

解析してみました!

1.今年の夏の甲子園出場校のベンチ入り選手(18名)の出身中学を都道府県別にカウント

2.北海道、東京は代表校が2校なので2で割る

少々乱暴ですが、上記より一番強い都道府県を導き出せる…はずです。




≪結果≫

3位 愛知県
東海の雄といった佇まい。
さすがです。

2位 兵庫県
今年は県立校が代表というのもあるのでしょうが…
それも含めてすばらしい!

1位 大阪府
3位の愛知県にほぼダブルスコアの貫録!
まさに圧倒的の一言

大阪桐蔭の強さも、森友哉クンの2HRもこうしてみるとまさに必然。
データ化してみると、こりゃ優勝候補だわって思いました。



こんな感じで見てみると、出身地の同じ選手がいる高校を応援してみるのも良いかもしれませんね。

例えば…

神奈川県出身の選手がいるのは
茨城県
福島県
岩手県
東京都
新潟県
静岡県

福岡県出身の選手がいるのは
鹿児島県
神奈川県
大阪府
高知県

大阪府出身の選手は…
…多すぎます!16校もありました。

ほんまさすがやで。


 RSSリーダーで購読する

 ,,,

▼関連記事