恵方巻きの豆知識 家族みんなで丸かじり!!

ehoh_img

「鬼は~そと、福は~うち!」と言いながら豆まきするのがお馴染みの節分ですが最近節分には豆だけでなく“恵方巻き”が欠かせない存在になっています。
そこで今回は“恵方巻き”の豆知識をご紹介します!

【恵方巻きとは】
節分の日にその年の恵方を向いて食べると縁起が良いとされる太巻きのとこで、別名丸かぶり寿司、恵方寿司、吉方巻きともいわれています。

【恵方巻きの起源】
もとは大阪の船場で商売繁盛の祈願をする風習として始まったものといわれますが、正確な起源は分かっていません。1990年頃からコンビニなどで販売されるようになったことをきっかけに、全国に拡がりました。

【恵方巻きの正しい食べ方】
七福神にちなみ、7種類の具材を巻き込んだ太巻きを、その年の恵方を向いて、切り分けずに無言で願い事をしながら、少しずつ丸かじりするという、なんとも変わった風習です。
途中でしゃべってしまうと運が逃げてしまうため、食べ終わるまでは絶対に口をきいてはいけません!

【気になる2014年の恵方】
恵方とは歳徳神(さいとくじん)という神様がいらっしゃる方角のことを指します。歳徳神(さいとくじん)は、年の初めに祀る神様で、その年の福徳を司っている神様です。
気になる2014年の恵方の方角は「東北東やや右」だそうです。
(やや右となるのは、西洋式の16方位と中国式の24方位にズレがあるため)

【様々な恵方巻き】
コンビニ、スーパー、デパート、ホテルなどでそれぞれ個性的(お値段もバラバラ)な恵方巻きが売られています。
定番の巻き寿司はもちろん、「恵方ロール」なんていうスイーツも人気です。
ehoh_sub01
参考サイト たこまんhttp://goo.gl/Qk159i

【恵方巻きを食べ切るポイント】
太巻きを丸かじりするのは想像以上に大変なので、細めまたは短めの恵方巻きを探すとよいかもしれません。
ご自宅で作るのであれば、半分ずつで味を変えると飽きずに最後まで楽しめそうですね!

—————–
すでにコンビニやスーパーでも恵方巻きの予約が開始されています。
数量限定品もあるため、気になる方は早めに予約しておきましょう!

都内の節分イベントはこちら
「鬼は~外、福は~内!」、都内のおすすめ節分イベント情報!!


 RSSリーダーで購読する

 ,,,

▼関連記事