おすすめトクホ5選 食欲の秋をのりきる強い味方!

header_img_1017

通勤途中の車内広告やCMでも頻繁に見かけるようになった「トクホ」の宣伝。

2008年より「特定健康診査」と「特定保健指導」が開始され、健康診断の項目に腹囲が追加されたことをきっかけに、『脂肪を消費しやすくする』『脂肪の吸収を抑える』などを謳い文句にした特定保健用食品(通称:トクホ)が普及してきました。

———————————————–
【特定保健用食品とは】
保健機能食品の一種。体の生理学的機能などに影響を与える保健機能成分を含み、血圧、血中のコレステロールを正常値に保つのを助けるなど、特定の効能が認められ、その効能を表示することを消費者庁から許可された食品。商品には、特定の効能が期待できる旨の文言と、「消費者庁許可特定保健用食品」などの証票が表示される。特保(とくほ)。
(大辞泉より)
———————————————–



2013年8月23日時点で、消費者庁が特定保健用食品許可(承認)品目としている食品は1,000品以上もあるのをご存知ですか?

http://www.caa.go.jp/foods/pdf/syokuhin1074.xls


今回はついつい食べ過ぎてしまう食欲の秋にもってこいの、“脂肪”に着目した「トクホ飲料」をいくつかご紹介します。



【サントリー】

緑茶 伊右衛門 特茶

img_1017_1

今年10月に新発売になったばかりの特茶。
トクホとしては初の「脂肪の分解」というメカニズムに着目した商品です。
京都の老舗茶舗である「福寿園」の茶匠が厳選した国産茶葉を使用していることでも有名な伊右衛門ですが、何よりお茶系トクホで500ml。
ペットボトルというのが嬉しいですね。
配合成分 ケルセチン配糖体
オトナには心地よい渋さ



黒烏龍茶

img_1017_2
喪黒福造のCMが印象的だった黒烏龍茶。
「脂肪の吸収を抑える」や「体に脂肪がつきにくい」という効果から、油っこい食事と一緒に飲む方も多いのではないでしょうか。
居酒屋や焼肉店などのドリンクメニューでも黒烏龍茶を見かけることが多くなりましたね。

配合成分ウーロン茶重合ポリフェノール
苦味は強いが、スッキリとした後味



【花王】

ヘルシア緑茶

img_1017_3
お茶系トクホの元祖でもあるヘルシアシリーズ。
「脂肪を消費しやすくする」という効果は、食事で”入ってくる脂肪”と体に”たまった脂肪”の両面に見られるという優れものです。

配合成分高濃度茶カテキン
苦味は強いが、飲みやすい



ヘルシアウォーター

img_1017_4
ヘルシア緑茶と同じく「脂肪を消費しやすくする」効果があります。
500mlペットなので、スポーツなど沢山の汗をかく際の水分補給にもってこいですね。

配合成分高濃度茶カテキン
スポーツドリンクのようなスッキリした味わい(若干苦味あり)



【キリン】

メッツコーラ

img_1017_5
特定保健用食品としては史上初のトクホコーラ。
食事の際に「脂肪の吸収を抑える」効果があるだけでなく、強炭酸による飲み応えは抜群で、カラダに優しい糖質ゼロです。

配合成分難消化性デキストリン
甘さ控えめで爽やかな喉ごし




いかがでしたか?

トクホは、一度に沢山摂取すればいいというものではありません。
一日の摂取目安を参考に、継続して飲み続けてこそ、効果が現れてくるものです。

美味しいものを沢山食べた後は、「トクホ飲料」を片手に、木々が色づいた公園などにウォーキングに出かけてみてはいかがでしょうか。



 RSSリーダーで購読する

 ,,

▼関連記事