一人暮らしを始めようと思っている方へ!経験者からのアドバイス

hitori_head

よし!一人暮らしを始めよう!

では実際に一人暮らしを始めるときはまず何をすればいいのか?!ポイントを押さえながら、順を追って説明致します!



1.賃貸検索サイトを見る
スーモやホームズなどの物件サイトを見る。なんとなくどんな家に住みたいかイメージを付けます。

ポイント1:検索範囲は職場(学校)から2~10km圏内
初めてだと実家から近いところに住む人も多いですが、そうするとなぜ高いお金を出してまで一人暮らしをしているのか分からなくなり、結局実家に戻るケースもあります。実家より職場(学校)に近いところに住む事をおすすめします。通勤が楽になることも一人暮らしのメリットです。(10kmで大体車で15分ほど)

ポイント2:家賃は自身の給料の1/3が目安!
家賃を払っていくのが不安な方は、1/3であれば払っていけると言われています。
月給20万円であれば6万6千円
月給25万円であれば8万3千円
月給30万円であれば10万円
これ以上高望みをすると出費ばかりが多くなり、日常生活に支障が出る可能性もあるのでご注意を!

ポイント3:定期の範囲を利用する
職場から定期代が出る場合はそれを有効に活用しましょう。例えば、職場から徒歩10分のところに住めば確かに通勤は楽になります。でももしいつも友達と遊ぶ場所が5つ離れた駅だったら?毎回の交際費に+交通費がかかると、より出費が増します。いつも遊ぶ場所(渋谷・新宿・横浜など)と職場の間に住むことで半分定期圏内となり交通費が半分で済みます。また、職場→いつも遊ぶ場所→その先の駅のように、いつも遊ぶ場所を間に挟むと、定期圏内でいつも遊ぶ場所に行けるので遊ぶ際の交通費が浮きます。

ポイント4:メインの駅は避け、乗り換え1回、電車で30分圏内を選ぶ
電車によって家賃の相場が上がります。アクセスが良い駅はやはりそれなりに高いです。なので、メインとなる駅は避け、少しローカルな路線で探す事をおすすめします。ただし乗り換えは1回、電車で30分以内が目安。(ドアtoドアなら45分まで)これであれば苦痛なく通勤する事が出来ると思います。これは不動産に行けば探してくれますよ!


2.物件を見るより先に3ヶ月以内に引っ越す日の目安を決める
物件は多すぎるうえに、サイトで見ていた物件の空きがすでになかったり、タイミングによっては他の人に取られてしまったりなど動きは早いです。そんな事をしているうちに「めんどくさいからやーめた」となる可能性大。物件より先に引っ越す日にちを決めましょう!それも、半年後ではなく3ヶ月以内で!だいたい1ヶ月あれば十分家を探せます。面倒になってなってだらけてしまう前に済ませましょう。「自分の誕生日前に!」「GW前に」などの「~の前に」とすると気合いも入るのでおすすめです。

ポイント1:引っ越し業者を予約するタイミング
引っ越し業者に予約する時は「○ヶ月前だと○割引」など、特典がつくケースもあります。3ヶ月前に探す事で引っ越しも余裕を持って予約できますよ。

ポイント2:引っ越す日にち
引っ越す日は月末だと高くなりますが、家賃の日割り分は安く抑えられます。おすすめは月初に引っ越す事です。

例1(月末):家賃6万の賃貸で25日に引っ越す場合
家賃日割り:60,000(円)÷31(日)=1,935(円/日)
      1,935(円)×5(日/31日)=9,675(円/日割り5日分)
引っ越し代:月初、中旬に比べて5,000~30,000円ほど高くなる

例2(月初):家賃6万の賃貸で5日に引っ越す場合
家賃日割り:60,000(円)÷31(日)=1,935(円/日)
      1,935(円)×25(日/31日)=48,375(円/日割り25日分)
引っ越し代:月末に比べて5,000~30,000円ほど安くなる

例2の場合、家賃6万に対してその月は日割りで4万8千円で住めるという事になります。日割りなので当たり前ですが、引っ越し代も抑えられ少しお得な感じになりますよね。

※全ての引っ越し業者に適用はされるわけではないのでご注意ください。あくまでも経験上の目安です。


3.実際に物件を見に行く
これ、すごく大事です。上記でも述べたようにサイトで見ていた物件も実際見に行ったらもうなかった、というケースもあります。ある程度どんな物件が良いかイメージしたものを伝え、そのイメージと引っ越す目安の日にちで不動産会社が絞って提供してくれます。

ポイント1:物件選びで大事なこと
「この物件が良い!」と物件で決めるのではなく、その物件の何が良いと思ったのかを自分で考えます。(部屋の間取りは6畳でいい、8畳は欲しい、クローゼットは必須、駅徒歩10分圏内希望、など。)そうする事で不動産の方も探しやすいので、提供してくれる物件も多いです。これだけは譲れない!という条件をもっておくと軸がブレないので良いですよ。

物件検索サイトでも不動産でも、大体こんな条件を聞かれます。

・エリア(沿線・駅名など)
・家賃
・間取り(ワンルーム/1K/1DKなど)
・建物(マンション/アパート/戸建/その他)
・構造(木造/鉄筋コンクリートなど)
・駅徒歩
・築年数
・専有面積(○㎡)
・方位(南向きなど)
・その他こだわり条件(バス・トイレ別/オートロック/2F以上/室内洗濯機置き場/角部屋/独立洗面台/駐車場有/敷金・礼金なしなど)


ちなみに私が物件を探すときの条件がこちら。

・エリア:職場まで45分以内
・家賃:5~7万円(共益費・管理費込)
・間取り:1K(ワンフロアは絶対に嫌。料理の匂いが部屋につくから)
・建物:こだわりなし
・構造:こだわりなし(出来れば鉄筋コンクリート)
・駅徒歩:10分以内
・築年数:10年以内
・専有面積:25㎡以上(1Kだとこれで7.5畳の部屋と3畳くらいのキッチン※目安)
・方位:南向き(日が当たるため)
・その他こだわり条件
 ・バス・トイレ別
 ・2F以上
 ・室内洗濯機置き場
 ・独立洗面台


正直、この条件は初めての一人暮らしにしてはわがままだと思います。こんな条件で物件を探すのは厳しいので、何か削る必要があります。

ただ、いくつも物件を見ていくうちに気付いた事は、私は「築年数が10年以内であること」が必須条件だということでした!それ以外は多少削っても問題がない事に気付いたのです。これはいくつも見ているうちに気付いた事なので、物件を実際に見に行くことで自分の探している物件の傾向というのが分かると思います。

ポイント2:物件を見に行くときは予約を!
物件を見に行くときはネットで予約するか、直接不動産会社に電話をして予約する。予約をしないと待たされるケースもあります。その場で入れる不動産もありますが、予約をしてから行く方が確実です。管理者が不在だったり、急で鍵が手配出来ないとその日に物件を見に行けない事も多いです。「この物件見たい!今すぐ見よう!」と言って見られるものでもないので、本当に見に行きたいのであれば必ず予約をしましょう。また、1日に回れる件数も不動産側の都合上3件が限界かと思うので、なるべく絞り込みに時間をかける事をおすすめします。

ポイント3:地域不動産と大手不動産はどちらがいいのか
これは経験上なのですが、
地域不動産→初期費用が安い/物件数が多い/築年数は多少古い
大手不動産→初期費用(仲介手数料)が高い/物件数が多い/新築物件が多い
こんな印象を受けました。

大手は「売ればいいと思ってるから親身になってくれない」と聞きますが、それは店舗によるもので大手かどうかは関係ないと思いました。ただ、地域不動産の場合は仲介ではなく土地自体を持っていることも多いので、何かと融通が利くケースが多い、というのが私の感想です。また、地域・大手にかかわらず、不動産会社によって抱えている物件が同じところもあれば違うところもあるので、「どこで見ても同じでしょ」と思うより、たくさん物件を見ることをおすすめします。(たくさん見ると悩む方は1つの不動産に絞るのもありです。)

ポイント4:同じ7.5畳でもマンションとアパートによって広さが違う?!
部屋を探しているとき、同じ部屋の大きさでマンションかアパートかで悩んでいたのですが、実際見に行ったらアパートの方が広く感じる…?不動産に聞いたところ、同じ部屋の大きさでもマンションの場合は壁が厚いので7.5畳でも少し狭く感じ、アパートの7.5畳は壁が薄いので少し広く感じるそうです。(下記図参照)
部屋間取り

ポイント5:オール電化ってどうなの?!
「今はやりのオール電化」と言われていますが、メリットは”普段家にいない時の電気をためて、使うときに使えるエコシステム”との事。実際使っている人の声を聞くと、「システム(機械)を部屋に置くため電機音が気になる」「電気料金が高いため、オール電化にしたら光熱費が上がった」との声も。うまーく使えば人数が多い家庭ではオール電化にすることで光熱費が抑えられる事もあるそうですが、一人暮らしであればいらないかな、と思ったのが個人的な感想です。


【まとめ】
一人暮らしを始める順序
職場から2~10km圏内で
1.物件サイトを見てイメージする
・家賃は給料の1/3以内
・定期の範囲を利用する
・メインの駅は避ける
2.引っ越し日は3ヶ月以内に設定する
・引っ越し業者の割引が何日前か確認
・引っ越しは月初がおすすめ
3.実際に物件を見に行く
・住むうえでこれだけは外せない絶対条件を決める
・物件を見に行くときは予約する
・不動産会社は地域も大手も自分が好きな方で


ここまで来れば一人暮らしをするイメージも湧き、一人暮らしをする準備が整います!これであなたも一人暮らしの仲間入りですね☆

▼おすすめ関連記事▼
・理想と現実は違う?!経験者が考える一人暮らしを始めるメリット・デメリット
・引っ越すタイミングとは?…引っ越しにまつわるあるある


 RSSリーダーで購読する

 ,,

▼関連記事