ずるくてせこい!?タダ乗り社員の特徴をまとめました

tadanori_head

社会人のみなさま。

“タダ乗り社員”をご存知でしょうか。

年を重ねれば重ねるほど増える、いわゆる、ずるくてせこい大人社員のことです。

私は8月7日に放送されたフジテレビの「ノンストップ!」という番組を見ていて、「あるあるいるいるー!」と思ったので皆様にもぜひとも共感頂きたいと思います。



■タダ乗り社員の特徴

・自ら仕事をしない
・楽して得をしようと頑張る社員にへばりつく
・特に40代後半の社員に多い
・他人の頑張りに乗っかりちゃっかり給料を貰うズルい社員

すでに「いるいるー!」という声が聞こえてきそう。笑

***************

それでは具体的にどんな社員か詳細をみていきたいと思います。
※平社員=A/上司・課長=Zで統一

■アレオレ詐欺社員:部下のアイディアを自分の手柄に
新商品開発を任されたAさん。アイデアが思い浮かばず悩む日々。
上司Zに相談しても「お前に任せてるんだからお前の好きにやれ」と。
信頼されていると思い頑張った結果、見事に賞を受賞!

上司「さすがだよZくん。」後輩「さすがですね!Zさん!」
Z「いや~そんな事ないですよ。頑張ったかいがありました」
A「は?」

…のように「アレ俺がやった」と他人の業績を自分のものにしたり、他人のアイデアや助けを、自分ひとりで頑張ったかのように横取りするタイプのことを言う。


■ですよね社員:上司に合わせて手のひら返し
事前にプレゼンを上司に確認してもらったところ「それいいね」と高評価。
プレゼン後に部長から「面白くない」と言われた瞬間、

Z「ですよね~僕もそう思ってたんです。」の一言。
A「は?」

…のように上司には頭が上がらず都合良くコロッと意見を変えてしまうタイプのことを言う。


■オレやる社員:発言と行動が伴わない
新規取引先の打合せのためアポイントの連絡をしようとしたら、上司Zが「俺がやっとくよ」と。
数日後、取引先に連絡をしたところ「そんな話聞いていない」との返答が。
上司Zに聞くと「連絡がつかなくてさー」と言い訳。結果、取引先に怒られ謝罪しに行くハメに。
A「は?」

…のように「オレやる」と言いながら結局行動せず、何かしら理由を付けて言い訳して逃げるタイプのことを言う。


■さすらい社員:大事なときに必ずいない
「(書類のチェックしてもらおう)課長…あれいない。」
「課長、急遽会議の時間の変更が…あれいない」
A「は?」

…のように大事な時に限っていないうえに、サボってたくせに「いたけど?」とあたかもいたかのようにしらばっくれるタイプのことを言う。


■でもソレ社員:絶大なる自信&自分のやり方に固執
年上の部下がいるAさん。仕事をお願いすると「へぇ~今回はこのやり方でいくんですか」「僕らの時代はそれが常識だけどね~」と自分の過去のやり方に固執し反発。
他の部下には、「あのやり方じゃうまくいかないなぁ~俺がやってた時はこうやってうまくいってたんだ。なぁ、そう思うだろ?」と洗脳。

頼んでも反発し、仕事をやらないため若手に仕事を回していたら部下から
「なんであの人(Z)の方が給料もらってるのに僕らばかり仕事やらなきゃいけないんですか!」と怒りが爆発。退職者続出の結果に…。

…のように自分が常に上に立っていたくて部下や年下の上司には反抗的。
「でもそれ…」といちいちケチを付けてくる嫌味ったらしいタイプのことを言う。


頑張っても出世できなかった。頑張ってダメなら楽をしよう。
と楽をしてお金を稼ごうとするバブル世代。

若手の2倍給料もらってるのに若手の半分しか仕事をせず、文句は人の2倍言う。

確立された固定給料をもらい、クビにおびえながら上司にヘコヘコし、いかに楽をするか考える。

近年、こういった現象をなくすため取り組む企業も増えてきていますがきっとなくなることはないでしょう。

部下のモチベーションを下げる上司。いかがなものでしょうか。

でも楽して生きたいと思うのが人間の心理です。
働きすぎな日本の制度を変えるしか方法はないかもしれないですね。

以上、考えさせられるタダ乗り社員でした。

▼おすすめ関連記事▼
・物申す!こんな会社もう嫌!~上司が思う手におえない部下編~
・物申す!こんな会社もう嫌!~部下が思う尊敬できない上司編~
・「こんな先輩が欲しかった!」後輩が頼りたくなる先輩の行動まとめ
・「こんな後輩が欲しかった!」先輩から可愛がられる後輩の行動まとめ


 RSSリーダーで購読する

 ,,,

▼関連記事