「旅立ちの日に」をお別れ会用に替え歌にしてみた

tabi_head

部活をやっている方はそろそろ引退の時期。
約半年後には卒業シーズン。

まだ早いかもしれませんが、お別れのときに作った替え歌をご紹介します。
参考にしていただけたらと思います。

※設定
クラス:1年7組/担任:信代先生(仮)



「旅立ちの日に」
作詞・作曲:川嶋あい

桜舞う 制服 光る校舎
期待と不安の気持ち抱いて
教室のドアを開ける瞬間
新たな旅が始まる

体育祭 文化祭 球技大会
感動と喜び深まる絆
そんな7組が涙流した
合唱コンの「明日に渡れ」

元気な7組 にぎやかクラス
いつも絶えない仲間の笑顔
最高のダチ 最高の先生
これからもずっと一緒だよね

団結する素晴らしさを教えてくれたみんな
いろいろあったけど信代(先生)で良かった
このクラスで過ごした日々
絶対に忘れない
家族という名の永遠の仲間


辛いとき 7組 思い出そう
いつでも味方何があっても
みんながいればもう怖くない
緑の青春の1ページ

友情と愛 思い出に刻む
7組の母 信代(先生)がいると
幸せになる信じあえるよ
ありがとうみんなそして先生

夢を乗せて 光輝く 40の星達よ
心を込めていう「ありがとう」と
このクラスが大好きだよ
涙見せず笑っていよう
共に歩んだ 7組の宝


当時、クラスのみんな40人に1人1つずつキーワードを出してもらい、それを繋げて歌詞にしたもの。
クラス変えでバラバラになるだけなのに、卒業式並みにみんなで大号泣したという遠い昔の思い出。

みなさんもお別れ会に向けて歌詞を考えてみてはいかがですか?

▼おすすめ関連記事▼
・楽しかった思い出を形にしよう!卒業向けWebサービス・アプリ


 RSSリーダーで購読する

 ,,,,

▼関連記事