カジノ日本上陸も近い?【Vol.2】

column

日経新聞(2013/11/13)参照

カジノ解禁をめざす超党派の国際観光産業振興議員連盟は12日の総会で、解禁した場合の制度の概要を盛り込んだ実施法案の骨子を決めた。

この法案が来年成立し、順調に行けば2020年の東京オリンピック・パラリンピック開催までにカジノ第1号が開業する見通しだそうです。

世界のカジノをざっとまとめてみました。色々な国でカジノがあるんですね。


アメリカ
カジノといったらラスベガス!たくさんあるので有名どころを。 《 モンテカルロ


マカオ
東洋のラスベガスと言わしめるほど。 《 ザ ベネチアン マカオ


韓国
日本では「お口の恋人」でおなじみロッテにも。 《 セブンラックカジノ 釜山ロッテ店


シンガポール
2010年の開業。サンズとセント―サの2箇所。 《 マリーナ・ベイ・サンズ


他にもアジアでは
フィリピン、マレーシア、カンボジア、オーストラリア 他


ヨーロッパには
イギリス、フランス、ドイツ、オランダ、イタリア、スペイン 他


アフリカにもたくさんあるみたいです。
ケニア、南アフリカ、モーリシャス、ナイジェリア 他


世界には最近カジノが認められた国だけでなく、カジノを規制する国もあるみたいです。
Wikipediaより

日本ではどういった結論が出るのでしょうか。注目です。


 RSSリーダーで購読する

 ,,

▼関連記事