アマゾン「ファイアフォン」がほしくなった件【Vol.144】

column

日経新聞(2014/6/20)参照

アマゾンがスマホ市場に参入。ネット通販の「入り口」としての機能や使い勝手を徹底的に磨き、先行するライバルに挑む。その名は「ファイアフォン」。米国で18日から予約受け付けを始め、7月25日から出荷する。米国では通信大手のAT&Tが独占販売し、2年契約した場合の端末価格は199ドル(約2万円)から。日本での発売は未定。

最大の特徴は「ファイアフライ」と呼ぶ機能。身の回りの商品に内蔵カメラを向け、専用ボタンを押すと、瞬時にスキャンしてアマゾンのデータベースと照合。取り扱う商品なら、1クリックで注文できる。テレビに映る映画やラジオから流れる音楽などのコンテンツも識別し、アマゾンのサイトからダウンロードできる。

昨晩、映像をみました。すごく便利そうでした。これ、ほしい。アマゾンで注文できたりするんでしょうか。日本での発売はあるんでしょうか。それにしてもファイアフォンって少し恥ずかしいかも。


 RSSリーダーで購読する

 ,

▼関連記事